昨日、フランスでの事実婚の制度、パックスについてご紹介しました。
これからご紹介するのは、友人から聞いて考えさせられたお話です。
個人の体験談と意見を書くので、プライバシーのために友人は棒人間で表示します。
VK-9l
VK-9m
VK-9n
VK-9o
※あくまで個人の体験談と意見です。事実婚や婚外子を否定する意味合いはありません。

「大人の自由のせいで不幸になる子供がいる」って、すごく重い言葉だなぁと思いました。

大人だけなら、自由にくっついたり別れたりするのは何も問題ないけどさ、子どもを巻き込んだらダメだよね…苦しむよね…。


じゃあ子どものために別れない生活が幸せなのか?と言ったら、そうじゃないパターンもあるよね。

例えばDVがあって、片方が別れたいと思ったけど「別れたら子供がかわいそう」って離婚しないまま生活するパターン。
子どもは日常的に暴力を見て育つことになる。
それならパッと別れた方がイイのでは?と感じる。


このエピソードを聞いた後でも、事実婚のせいで不幸だ!事実婚は不誠実だ!とは思えないけど
事実婚の制度が無い環境だったら、この人の環境も違ったのかもしれないなぁ…とも感じる。

なんとも歯がゆいお話でした。


でも私個人の見解は「私自身は愛があるなら事実婚ではなく婚姻したいけど、それは個人の好み。他人様が事実婚であるのは何も気にならない。大人も子供もみんなが幸せと愛のある生活をしてほしい」なんだけどね。



※おねがい※

全ての投稿は、私が個人的に体験した&感じたことのご紹介で、「○○人はこう!」と決めつけるモノではありません。
個人差があるというコト前提で、ゆる~い気持ちでお楽しみください(^^)

私達のなれそめはコチラ

山あり谷ありのお付き合い編はコチラ


LINEで更新通知を受け取る!