昨日のブログに書いた絵画ですが…




届きました!!

945B78AF-2E8F-409B-951B-0BD3F69583AF
「なかよし」の表紙に使われた絵だそうです。
シンプルだけど存在感もあって、私たちのナチュラルシンプルな部屋にもマッチします!

21CF1DDE-904F-4239-8A44-BAD9849526CD

好きな作品の作者の人格が最高な時って、よりその作品のことを好きになっちゃうよね。

オリンピックの時に「この作曲家はいじめを自慢するような人だ!」って話が出ていたけど、
そういうことがあるとその人の作品がどれだけ素晴らしくても、楽しめなくなっちゃうから…


高橋真琴先生の写真を見ると、必ず夏は黒のポロシャツ、冬は黒のセーターを着ています。
どこでも語っていないけど、スティーブ・ジョブズみたいに決まったものを着ているんじゃないか説があります(私の中だけで勝手に笑)


本も2冊持っているのですが、インタビューを読むとゴージャスキラキラ⭐︎な絵からは想像つかない素朴なお人柄で驚かされます。

真琴先生が小学校の頃、大阪大空襲があったのですが

先生が家族でいつも避難しているビルに避難しようとしたら、
その日だけ何故か入ることができなくて仕方なく近くの他のビルに避難したんだそうです。

空襲が終わり外に出てみると、いつも避難している方のビルは焼けてしまっていて、中に逃げた人たちは助からなかったんだとか。


生死を分けたこの体験をした時に「好きなことをしよう。そのためなら貧乏でもいい。パンと牛乳だけでイイ」と言う謙虚な気持ちを持ったのだとか。

この年代の方って、しゃべってみたらとんでもなく衝撃的な戦争体験を持っているという方がいて驚きます。

そしてこの時代は男性が絵描になることは少なかったそうなのだけど、真琴先生のことを応援してくれた先生のご両親にも感謝だなぁと思うのでした。


私もこんな慎ましやかで謙虚な生き方をしたいなぁと思わされます。



書籍発売中です☆


↓その他のココロ関係のお話はコチラ↓



LINEで更新通知を受け取る!